タイ株ファンド 不動産投資の魅力

タイ株ファンドのタイ株投資、前回見てみてかなり魅力的だとわかりました。
では、タイ株ファンドのもう1角、タイの不動産投資はどうなんでしょうか?


現在、タイの経済は好調で、とくにバンコクでのオフィスおよび住居への需要が高く、賃料は高騰し続けています。しかし、不動産へ外国人が投資する場合、その対象はコンドミニアムに限られており、土地などは購入できません。ですから、外国のファンドが不動産へ投資し、値上がり益を期待する場合は、コンドミニアム、あるいは不動産ファンドへ投資することが基本となります。

タイ証券取引所に上場されている不動産ファンドは13銘柄あり、そのうち上場企業が組成しているファンドは4銘柄あります。
13銘柄全体の不動産ファンドの平均利回りは年7〜8%(現地証券会社リサーチ部調べ)程度となっていて、堅調に推移しています。

タイ版「日本列島改造計画」である「メガプロジェクト」は、現在暫定政権により一時的に縮小していますが、現政権が国民に約束している政権運営期間である 1年を迎える秋には新政権が発足、メガプロジェクトへの予算が執行されて、開発が進むことから、不動産価格がさらに上昇することが期待されます。

ちょっと、微妙ですね〜。
でも、将来のことはどこの国のこともわからないし、だからこそ投資で大儲けできたりするんですもんね。
乗るか、しないか、それが問題だ。わーい(嬉しい顔)
次回は、タイ王国ファンドがどういうものか、みていきたいと思います。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。