タイ株が今後一番面白い?!

タイ株が、これから一番面白いと今日のNIKKEI BUSINESSの『脱・米国の新興国が急速な発展へ』というところに書かれていたので、抜粋してご紹介しますね♪

この夏以降、世界経済に大きな波紋を投げかけている米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題。欧米では融資が大量に焦げつき、世界のマーケットへもインパクトを与えた。その影響は米国やEU(欧州連合)の景気にも大きな影響を及ぼし、一部では米国が7年ぶりの景気後退局面に入るとの観測も出てきた。

一方で、中国やブラジル、インド、ロシアなどいわゆるBRICsと呼ばれる国々の経済は順調に成長し続けており、世界経済全体に及ぼすサブプライム問題は限定的との見方もある。

中国の経済は好調な状態が続いていますが、人件費が急速に上がり始めたという問題点を抱えるようになってきています。これに対して、タイは、相対的な人件費が下がり、競争力を増しているのです。 最も魅力的なのがタイだと思います。

タイは過去2年間、政治的な問題から株価は低迷し非常に弱含みの状態が続いています。しかし、今年の後半には選挙が行われるので、政治的混乱は解決するのではないかと思われます。

政治的に安定すれば、海外からの投資は確実に増えると思います。アジアの製造拠点として高い力を持っていますから。

タイ株の無料オンラインセミナーはじめタイ株のキャンペーンがある今、始めるにはもってこいのチャンスかも揺れるハート

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。