総選挙目前、カギを握る第3の勢力E

シリーズでお届けしてた「総選挙目前、カギを握る第3の勢力」も、いよいよ今回が最終回です。

長かったですね。わーい(嬉しい顔)

経済政策についての焦点は、前タクシン政権が発表した「メガプロジェクト」が果たして次政権によって実行されるかどうか、外国人投資家をどのように取り扱っていくのか、が大きなトピックとなる。

メガプロジェクトはGDP8兆バーツ(約26兆円)ほどのタイで、5年間で1兆8000億バーツ(5兆8000億円)という意欲的な公共投資計画で、GDPの20パーセントを超えるタイ版列島改造論だ。

この中にはバンコクでの地下鉄などの公共交通機関の整備、全国での鉄道複線化、道路網の整備、低所得者向け住宅の建設、村落救済などの多岐にわたる計画で、当連載「巨大インフラ続々誕生、アジアのハブへ」で紹介したタイが「アジアの交差点」となり、世界の投資家に魅力を発するために大きなトピックとなる計画だ。

これに伴って、外国人の投資家の投資をどのようにして受け入れるのか、様々な外資奨励策を継続、発展させるのかどうかというのもポイントになる。結論から言えば、どの政党が政権に就いてもどちらの政策もあまり変わらないと思われる。大規模な公共投資は実行され、外国人投資家の投資をますます奨励する施策が取られるだろう。

なぜなら、上記の主要な政党の政権公約を見てみるとどれもほとんど変わらない内容だからだ。クーデターのところでも書いたが、タイの政界には国をどのように変えるかという点ではある種の暗黙のコンセンサスがあり、そこに争点はあまりないのである。

例えば公共工事を例に取れば、国民の力党は「鉄道9路線建設、水源開発、低所得者住宅プロジェクト、観光促進などに1兆5000億バーツ」などであり、民主党は「大量輸送および鉄道システム、深海港、メガプロジェクトに投資する」であり、国民党は「大量輸送システムの整備、低所得者向け住宅、水源確保、全国に5万キロメートルの新たなアスファルト道路の整備」などと書かれており、その内容に大差はない。

他の施策についても、村落救済基金の設立、学校教育無料化、各地の保健所の病院への拡充などもどの政党も同じようにうたっているのである。どの政党も旧タクシン政権の作った国家発展の枠組みから一歩も抜け出していないのだ。

また、民主党の党首が言明したように今後もタイは外国人投資家を受け入れていくし、そのために、様々な障壁を減らしていくように努力するというのも変わらない。とすれば、どの党が政権を取っても、来年以降、タイでは大規模公共投資が行われ、外国人投資奨励策が進められるという未来図に変わりはないのだ。

いかがでしたか?

タイ株投資、面白そうでしょ?!

総選挙目前、カギを握る第3の勢力D

「総選挙目前、カギを握る第3の勢力」もいよいよ大詰めに近づいてきました。

はじめま〜す。

タイは大きく5つに分けられる。北部、東北部、中部、南部、バンコクである。もともとタクシン旧与党はこのうち、北部、東北部、中部で圧倒的に強く、バンコクを野党と分け合い、南部は野党の地盤だった。

この構造は今回の選挙にも受け継がれている。しかし、バンコクでここしばらくいろいろな人たちに話を聞くのだが国民の力党の人気の強さに驚かされる。特にタクシー運転手や、工場労働者などの低所得層の中で圧倒的な人気である。

一様に言われるのは
「タクシンは自分たちのために仕事してくれた」
「民主党のアピシットは口だけだ」
「外国人に認めてもらえるのはタクシンだけだ」 
などといった声だ。

となればタクシン支持を公言する国民の力党が地滑り的な勝利を得る可能性があるのではと感じるのである。バンコクで国民の力党が勝つなら、圧倒的に強い力を持つことは明白だ。実は言われているような勢力拮抗ではなく、国民の力党の過半数という結果ではないかと感じる部分があるのだ。そうなれば、タクシン首相のタイへの帰国、政界復帰というシナリオも見えてくる。

ただ、たとえ国民の力党が過半数を取ってもその後連立をどう組むのかなど、興味が尽きない。民主党にとってはこの千載一遇の機会に政権が取れなければ今後の党運営にとって様々な問題が噴き出すだろう。


次回、最終回です。

お楽しみ〜に♪

総選挙目前、カギを握る第3の勢力C

シリーズ「総選挙目前、カギを握る第3の勢力」の4回目、早速はじめま〜す。

今後のタイ政界の動きはどうなるのであろうか?

今回の選挙では、どの党が勝ち、その結果、政権運営はどうなるのか。 基本的には上記の4つの理由はそのまま残る。つまり、従来のタイ支配層は変わらず、基本的な政策も変わらない。特に大きな争点はなく、選挙自体、従来の枠組みの中のコップの中の嵐になる。

まず、誰が勝つのかという点。各種世論調査によれば、国民の力党と民主党の争いに他の少数政党が絡む戦いと考えられている。また、どの政党も過半数を得ることはなく、連立政権が成立する。 

その際には民主党を中心として第3党になると思われるタイ国民党との連立政権、あるいは国民の力党を中心としてやはりタイ国民党や旧与党系の諸政党の連立政権というのが焦点だ。また、次期首相に誰がなるのがふさわしいかという問いに対しては、民主党の若き党首アピシット氏が最大割合であることが多い。実際この2つのシナリオの可能性は高い。

ただ、今後のシナリオを読むうえでは、旧与党のうち最大勢力であり、タクシン前首相のタイ政界への復帰を公言してはばからない国民の力党がどこまで議席を伸ばすかが、最大のポイントだと考えている。

この党の党本部は、旧与党である愛国党の党本部があった建物にあり、ロゴもそっくりだ。また先日には、タクシン元首相の顧問就任が報道された。クーデター政権下で、タクシン元首相を担ぐのは、本来なら驚くべき事態だが、それが事実だ。

佳境に入ってきましたね〜。

次回もお楽しみに♪

総選挙目前、カギを握る第3の勢力B

タイ株おもしろそうですよ?

シリーズでお届けしてる「総選挙目前、カギを握る第3の勢力A」の続きをはじめま〜す。

理由の第1は、「暫定政権の消極的態度」だ。昨年の11月の時点で軍事政権側の主要人物に話を聞くと、ごく一部の人物を除き、政権運営に消極的であり、自分たちに政権運営能力がないので、早くその地位から離れたいという気分がひしひしと伝わってきていた。

理由の第2は、「人間関係」だ。そもそも軍事政権を構成している人々と、旧与党、野党にかかわらず政治家たちの関係を見ると、血縁、地縁、学校の同窓生、先輩後輩といった関係が複雑に絡み合っている。例えば、私の親しいタイ人の知り合いに、タクシン前首相と個人的にも政治的にも近い人物の息子がいる。彼のいとこは旧野党の国会議員であり、軍事政権の歴々は彼の父にとっては同窓生である。

このようにタイの政財軍官の指導層は極めて複雑に結びついており、そこでの争いは体制を巡る争いというよりは、仲間うちの権力闘争だ。コップの中の嵐でしかない。クーデターも、この指導層の中での仲間内のけんかでしかないのである。そのため、お互いに最後まで追い詰めて滅亡させるというような間柄ではなく、利権や地位などをより多く配分されるための争いでしかないのである。

理由の第3は、「争点の不在」だ。クーデター当初、彼らが掲げた内容は「タクシン政権の利権構造の打破」のみであった。しかしながら、タクシン政権の大きな政策は結局継承され、小さな変更がいくつかなされただけだ。タクシン政権の腐敗と呼ばれていたものに関しても、ほとんど起訴されておらず、起訴したものも有罪で結審とはなっていない。国の方向をどこに向けるかという争点がなく、権力の争奪戦でしかなかったのだ。

理由の第4は「タイの発展段階」である。タイは既に1人当たりのGDP(国内総生産)が3000ドルに達する中進国の段階にある。ここまで国が発展してしまえば、軍隊が武力で国家を支配するということができる時代ではない。民間の力、民衆の力が非常に強いのである。政権は常に民間の支持なくして成り立たない段階に国があるのだ。この点、タイの民間は非常に力強い。


続きが気になるところですが、長くなったので今日はここまで♪

総選挙目前、カギを握る第3の勢力A

総選挙目前、カギを握る第3の勢力@」の続きで〜す。

タクシン首相はこれに対し、総選挙に打って出た。もともとタクシン与党であった愛国党は圧倒的な支持率を誇っており、選挙では勝つことが確実視されていた。このため憲法と選挙法の穴を突いて、野党が選挙ボイコットを実行し、選挙は無効であるとされた。この過程の中で、首相の退陣、退陣不要論が渦巻き、国政は不透明感をぬぐえないまま半年が過ぎた。そして9月19日にクーデターが起こった。

クーデターというと、平和憲法の中で長期安定政権が続いた環境で長らく暮らしてきた日本の方は、一大事のように感じられるかもしれない。しかも、クーデターでお隣のミャンマーやラオスのようにタイにも長期の軍政が敷かれ、経済成長に陰りを差すのではという懸念も持たれるかもしれない。

しかし、このクーデターは当初から様子が違った。クーデターで1人の命も落ちることはなく、また1滴の血も流れなかっただけでなく、旧政府や与党の政治家でさえ拘束されたわけでもなかったのである。バンコクの市民はクーデターを歓迎し、兵士に差し入れが絶えず、戦車の前は記念撮影の場、新しい観光名所になった。私が見る限りでも警備している兵士にライフルを借りて記念撮影する市民が絶えず、時には戦車前で結婚式を挙げる者も出るほどだったのだ。

また、当初からクーデターによる政府は臨時憲法の制定、臨時議会の召集、2007年内の総選挙、民政移管を約束していた。クーデターは逆説的ながら平和裏に始まり、平穏なまま終わろうとしている。タイの基本的な政策は何も変わらず、ただ、首相の顔が変わっただけで終わろうとしているのだ。クーデター政権が居座りも画策せず、国の基本方針に大きな変更もなかったのはなぜか。以下に述べてみたい。


おっと、かなり長くなりましたね。

また、続きは次回ね。
タグ:投資 タイ株

総選挙目前、カギを握る第3の勢力@

いよいよ選挙で、タイ株が面白くなってきそうですね〜。

NIKKEI BUSINESSに載ってた記事が参考になるので、掲載しますね。

長いので、数回になると思いますが・・・

タイは、2006年9月の軍事クーデターで、当時のタクシン首相は解任、軍部の暫定政権に移行した。暫定政権は今年8月末に新しい憲法を発布し、そして12月23日に総選挙を実施して、再び民政に移管する。選挙は、タクシン政権時代の最大野党の民主党や、同じく野党だったチャートタイ党(タイ国民党)や、もと与党愛国党が分裂してできた、国民の力党、マッチマーティパタイ党(中道党)、プア・ペンディン党(国土党)、ルアムチャイタイチャートパッタナー党(国民和合国土開発党)に分かれて闘っている。

前回の総選挙は、2006年4月2日。この時は、タクシン前首相への退陣運動が高まっている中で実施され、野党が選挙をボイコットし、結局、選挙は無効になった。こうした異常事態になったのは、総選挙の2カ月前の2006年2月にタクシン首相一族を巡る不正疑惑が持たれたため。一族所有のSHIN (シン・コーポレーション)の株式をシンガポールの政府系投資ファンドに2006年1月に売却した際に、一族が資産隠匿や課税逃れをした疑いがあるという口実で、この数年間、タクシン政権の圧倒的な勢いの前に抑えられていた、反タクシンの諸勢力が活動を開始した。この結果、タクシン首相退陣運動が盛り上がった。


タグ: タイ株 投資

「タイナビ」が試聴できます!

ついついベトナムファンド・株に目が行ってしまってたんですが、SET指数を久しぶりに見たら、またちょっと上向きになってきてますね〜。

来年1月には民主政権が誕生する見通しもあって、心配してた政情が安定してくるっていう期待でかな?

買うなら円高の今がチャンスかも。

でも、タイの今ってどうなんでしょう?

そこで、お役立ちなタイナビが登場!

ユナイテッドワールド証券も力入れてますね〜!わーい(嬉しい顔)

タイナビとは、「タイ株に精通するタイ現地の証券会社United Securities PCL(ユナイテッド証券)による独自の分析で、タイの市場や経済に関連する情報を動画でお届けします。同社の小竹康博氏を中心にお届けします。」だそうです。

11月30日(金)の第1回タイナビが試聴できます。
        
5分くらいのものだけど、やっぱり動画っていいですね〜。

PCで文字読むのって疲れます。

それに、これはオンデマンドなのもいい!

タイ株を買わなくっても、好調なタイで恩恵を受ける日本株を買うっていう手もあります。

でもやっぱりこれから伸びていく新興諸国の方が、おいしいはず。

近頃の日経の動きを見てたら、どちらがリスクが高いかわからないしね。
タグ:タイ株

タイ株が今後一番面白い?!

タイ株が、これから一番面白いと今日のNIKKEI BUSINESSの『脱・米国の新興国が急速な発展へ』というところに書かれていたので、抜粋してご紹介しますね♪

この夏以降、世界経済に大きな波紋を投げかけている米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題。欧米では融資が大量に焦げつき、世界のマーケットへもインパクトを与えた。その影響は米国やEU(欧州連合)の景気にも大きな影響を及ぼし、一部では米国が7年ぶりの景気後退局面に入るとの観測も出てきた。

一方で、中国やブラジル、インド、ロシアなどいわゆるBRICsと呼ばれる国々の経済は順調に成長し続けており、世界経済全体に及ぼすサブプライム問題は限定的との見方もある。

中国の経済は好調な状態が続いていますが、人件費が急速に上がり始めたという問題点を抱えるようになってきています。これに対して、タイは、相対的な人件費が下がり、競争力を増しているのです。 最も魅力的なのがタイだと思います。

タイは過去2年間、政治的な問題から株価は低迷し非常に弱含みの状態が続いています。しかし、今年の後半には選挙が行われるので、政治的混乱は解決するのではないかと思われます。

政治的に安定すれば、海外からの投資は確実に増えると思います。アジアの製造拠点として高い力を持っていますから。

タイ株の無料オンラインセミナーはじめタイ株のキャンペーンがある今、始めるにはもってこいのチャンスかも揺れるハート

タイ株ファンド タイの経済

タイ株ファンドに投資していいのか、今度はタイの経済に焦点を当ててみてみましょう。


製造業がタイ経済を引っ張る
1980 年代後半から、工業製品の輸出などにより急激な経済成長をはじめたタイ。順調な伸長を続け、1988年には実質GDP成長率が13.3%という大きな伸び率を示しました。しかし1996年からアジア通貨危機によりアジア地域の経済が停滞、タイでも経常収支赤字の拡大や不動産を中心としたミニバブルの崩壊が起こりました。  
タイ政府は、早速外貨資本の受け入れなど抜本的な経済構造改革に着手し、外国への輸出なども積極的に行いました。それにより1998年には-10.5%であった実質GDP成長率は、翌年の1999年には4.4%とプラスへ転じます。
2000年以降は輸出業や製造業などの好調などにより、安定した成長を示すようになりました。2004年の津波被害では、観光業に与える悪影響も懸念されましたが現地では復興が順調に進んでおり、ASEAN諸国で現在最も経済成長率が高い国のひとつ といわれています。

アジアのデトロイト」タイ自動車産業
2005年、タイの自動車生産台数が100万台を突破しました。国内での販売台数もピックアップトラックを中心に、70万台にのぼっています。
これを受けて政府はタイを「アジアのデトロイト」とすべく、今後は国内の販売のみならず輸出のさらなる拡大を目指したプランの原案を発表しました。これによると2010年の自動車生産台数の目標は200万台、輸出比率は50%と設定しています。

成長めざましい大国の「食料生産基地」
古くから盛んに稲作が行われていたタイは東南アジア随一の穀倉地帯で、自国の食料はほぼ100%自給しています。米はタイ人にとって重要な主食ですが、19世紀中ごろから輸出用の生産が盛んになり、現在では世界一の米の輸出国でもあります。特に経済発展著しい中国やインドが大量の食料を必要としており、世界の食料生産基地として重要な役割を担っています。

タイ株ファンド、いい感じですねるんるん
次回、タイ株ファンド投資の魅力に迫ってみようと思います。お楽しみに揺れるハート


タイ株ファンド タイってどんな国?

タイ株ファンドが投資対称になるのか、まずはタイがどんな国か見ておきましょう。


正式名称
タイ王国

面積
51万4,000km²(およそ日本の1.4倍)

人口
6,242万人(2005年)

首都
バンコク

人種
タイ族(約85%)、華僑(約10%)、他にモン・クメール系、マレー系、山岳少数民族など

言語
タイ語

宗教
仏教 95%、イスラム教 4%

通貨
タイ・バーツ(1ドル=約36バーツ,1円=約0.3バーツ)

GDP
1,762億ドル(2005年)
一人当たり
GDP 2,659ドル(2005年)

略史
タイ王国の基礎は13世紀のスコータイ王朝より築かれ、その後アユタヤ王朝(14〜18世紀)、トンブリー王朝(1767〜1782)を経て、現在のチャックリー王朝(1782〜)に至る。
1932年 立憲革命(専制君主国から立憲君主国へ移行)
1946年 プミポン現国王即位
1973年 学生による民主化革命
1976年 軍部によるクーデター(ターニン内閣成立)
1988年 チャチャイ内閣成立(12年ぶりの文民内閣)
1992年 チュアン内閣成立(民主党:文民政権)
2001年 下院選挙によりタイ愛国党圧勝。タクシン内閣成立
2006年 軍部によるクーデター(スラユット内閣成立)

識字率
約95%

国民性
国王を尊敬すること、仏教の信奉が厚いこと、目上や年寄りを大事にすること、 勤勉で労働意欲があり、細かいことを気にしないことなどがあげられます。男性は出家をすることもあり特に若者や女性は家計の中心で、 マーケットなどはアジア特有の活気のある国です。

高度経済成長
徐々に工業国への道を模索し、1967年には東南アジア諸国連合 (ASEAN) に結成時から加盟。1989年にアジア太平洋経済協力 (APEC) に結成時から参加した。なお、この頃より日本や欧米諸国の大企業の進出を背景にした本格的な工業化へのシフトを進めるとともに、それらを背景にした高度経済成長が始まる。1992年には5月流血革命が発生したものの、プーミポン現国王の仲裁により収まりました。
1997年に始まったアジア通貨危機により経済は一時的に停滞したものの、その後急激な回復を見せ、現在では再び高い経済成長率を維持しており、東南アジアにおける代表的な工業国としての立場を保ち続けています。

タイ株ファンド投資、してもいいかな?ってちょっと思えてこられたのでは?わーい(嬉しい顔)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。